記事一覧

デイトナは当時、単にコレクターに人気がなかっただけなのだ。この傾向は2000年代初頭まで続いた。

しかし、大多数のコレクターに愛されていないときでも、ロレックス デイトナを渇望する人々がいた。それはレーシングドライバーたちである。そう、ロレックスコスモグラフ デイトナ 偽物は’90年代初頭から、デイトナ24時間レースで表彰台に上ったドライバーにこの時計をプレゼントしていたのである。

即日配送☆ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LN ロレックス N級品 スーパーコピー

カテゴリ ロレックス デイトナ(新品)
型番 116500LN
機械 自動巻き
材質名 ステンレス・セラミック
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ホワイト
外装特徴 タキメーターベゼル
ケースサイズ 40.0mm
機能 クロノグラフ
バーゼルワールド2016で世界中に衝撃を与えたデイトナのニューモデル「Ref.116500LN」。
前作は、ケース素材と同じステンレスベゼルでしたが、新作はブラックセラミック製に変更され、傷に強くなったことはもちろんの事、1960年代のプラスチックタキメーターを彷彿させるデザインとなっています。
また、ロレックスは2015年から自社規定のクロノメーターをより厳しくしたことも発表しています。
それはケーシング後の平均日差を-2~+2秒以内で調整するというもので、これは通常の公認クロノメーター規格の2倍以上も厳格な基準となります。

必要なことは、すべてこの名に収斂される。フリースベストを着た銀行家や石油王にとって、この時計はステータスシンボルだが、レースドライバーたちにとっても別の理由でステータスシンボルなのだ。

2008年のレースを前にして、デイトナ24時間レースを制したことのあるスコットランド人ドライバーのダリオ・フランキッティ(Dario Franchitti)は、「この特別なレースでどのドライバーとチームが勝利するのか楽しみです。デイトナ24時間レースで優勝することは、ドライバーにとって信じられないほどの偉業ですが、ビクトリーレーンでロレックスの時計を受け取ることは究極の報酬なのです」と語った。


【関連記事】:http://soccer-ikusei.net/contact/diary.cgi